【語り継ぐこと】第一工場の建設について

第一工場を建設したのが1989年。そのころの様子を当社相談役に聞きました。

東寺に納品される、小松美羽「ネクストマンダラ」に用いた箔押し技法について

小松美羽さんの新作「ネクストマンダラ」が、公開をされました。箔一では、この作品への金箔貼りを手がけています。

【語り継ぐこと】水押し箔の開発について

可能性を広げた「水押し箔」の開発について、お話をお伺いしました。

【語り継ぐこと】グラシン紙を使った、新しい箔打ち紙について

グラシン紙を使った、新しい箔打ち紙について相談役にお話を聞きました。

【語り継ぐこと】あぶらとり紙の開発について

あぶらとり紙の開発に取り組んでいたころのお話を、相談役にお伺いしました。

【語り継ぐこと】縁付けと断切金箔について

昭和30年ごろ、金箔の製法が新しくなる時代について相談役にお話を聞きました。

大阪国際空港の建築装飾について_2

2018年。大阪国際空港のリニューアルに伴って、箔装飾を行いました。その物語についてご紹介します。

大阪国際空港の建築装飾について_1

2018年。大阪国際空港のリニューアルに伴って、箔装飾を行いました。その物語についてご紹介します。

日独の文化が融合して生まれた照明。

世界的な照明ブランド「インゴ・マウラー」の定番ライン「カラット・ブルー」。ここには、金箔が非常に印象的に使われています。

建築現場での、箔装飾の技術について。

金沢箔を建築にあしらうには、様々な方法があります。なかでも建築現場での箔装飾は、職人の技術と経験が求められる方法です。その取り組みについてご紹介します。

業界の指標の改革について。

金箔の業界には、勘や経験といった形で曖昧に受け継がれてきたものが多くありました。私たちはこれらを研究・測定し数値で表現。客観的な基準に改めてきました。

いにしえの名画を復元し、現代的な価値を表現。

箔一では、いにしえの名画を研究し、その復元を通じて新しい価値の創出を目指しています。そうした取り組みについて、ご紹介をします。

加山又造作品の取り組みについて。

私たちは、戦後日本を代表する画家である加山又造氏の作品を様々な形で提案をしています。この事業は、加山さんのご長男哲也さんらとともに進めているものです。その取り組みについてご紹介します。

新しい食用金箔、スターダストの開発について。

人気のロングセラー商品スターダスト。煌めく星のような美しさが魅力の食用金箔です。このスターダストの開発についてご紹介します。

衛生管理への想い。

食品・化粧品を作っている工場は、HACCP・ISO22000といった国際的な認証を受けています。こうした衛生への取り組みについてご紹介します。

宇宙のロマンの解明に、伝統工芸の技が役立っています。

日本の宇宙観測の中心的施設である野辺山宇宙電波観測所。この電波望遠鏡に金沢の金箔があしらわれています。そのいきさつについて、ご紹介します。

粘り強い作業の末に完成した、ヤマハビル。

銀座のランドマークともなっているヤマハビル。この外観の金箔装飾は、美しく、まさに「伝統と革新」というテーマを表現しています。この時のことをご紹介します。

日本初、金箔打紙製法のあぶらとり紙の誕生秘話。

かつて使い終えた箔打ち紙が、化粧紙として、京都の芸妓などに愛用されていました。箔一創業者の浅野邦子は、これをヒントに、初めて金箔打紙製法のあぶらとり紙を発売します。その物語を紹介します。

最高難度に挑む、箔を布に貼る技術。

箔は水と空気以外何にでも貼れるといいます。しかし、箔は大変に薄く脆い素材でもあります。伸縮する布に貼るのは、至難の業ですが、箔一ではこれを実用化しています。

新しい金沢箔の色彩について。

金属には、様々な成分と反応して変色する性質があります。これらを利用して、新しい色彩を生み出す技術があります。そうしたオリジナルの箔について、ご紹介します。