直観的に楽しめる、伝統文化を。

金沢箔の魅力を直観的に理解できるコンテンツを提供しています。体感型の金箔ミュージアムや、箔貼り体験、大胆に金箔一枚を使った金箔ソフトなどが大変に好評です。

店舗から、作り手の想いを伝えたい。

地域の文化について、店舗から発信をしています。観光の方だけでなく、地元の若者にも広げることで、伝統が受け継がれ、街の魅力となることを願っています。

伝統文化が、地域の誇りになるために。

地域文化について、店舗から発信しています。観光の方だけでなく、地元の若者にも広げることで、伝統が受け継がれ街の魅力となっていくように取り組みを続けています。

日本らしい手仕事が空間に優雅さを生む。

私たちは、手仕事が生む優雅さをもっと建築に取り入れたいと思っています。金沢箔は極めて軽く、施工場所を選びません。現代の建築基準を満たす機能性もあり、あらゆる空間を彩ることができます。

金沢箔の無限の表現力を建築空間に。

金沢箔には、金をはじめとしてプラチナ、銀、銅、錫などの多彩な素材があり、様々な表現ができます。サンプルも揃っていますので、その表現力を実感してください。

箔の輝きで、地域のシンボルとなる建物に。

建築には公共のものでもあります。優れた建築物は地域のイメージを作り、人々に愛されるシンボルとなります。私たちは職人の手仕事で、世界で一つの空間をつくりっています。金沢箔は、いつまでも色あせることない地域の誇りとなる建築物を生み出せます。

最も厳しい建築基準もクリアした金沢箔。

伝統工芸である金沢箔を現代の建築にあしらうには、厳しい基準にあわせた改良が必要です。特に交通機関などでは、極めて厳しい規準が求められます。私たちは、こうしたものにも挑戦し、課題をクリアすることで建築用金箔の性能を飛躍的に高めてきました。

金沢箔が生む、日本らしいもてなしの建築空間。

金沢箔の優雅さは、人々を感動させ訪れる価値のある特別な場所を生み出します。伝統的な手仕事による、日本らしく贅沢なもてなしの心を表現します。

金箔を食べるという伝統文化を広げていくために。

私たちは、食用金箔という日本の伝統文化を広く伝え、次代に受け継ぐことを使命としています。そのために、多くの食品問屋様と力を合わせています。

食用金箔をより効果的に使っていただくために。

金箔の使い方にはコツがあります。しっかりと定着させる技術から、作業効率の高め方や在庫管理の仕方など、豊富な経験をもとに情報提供をしています。

食用金箔の、業界屈指のバリエーション。

食用金箔には、様々なバリエーションがあります。本物の金箔を使ったアラザンやシュガーなどは、新しい食用金箔の文化といえます。スプレーやシート状の金箔などの新しいタイプも生まれています。

「切り廻し」から進化した食用金箔。

優雅な輝きをもつ「切り廻し」は古くから用いられてきた食用金箔の原点です。私たちはこれを改良し、種類を増やし、厳しい衛生管理を徹底して提供しています。

金沢箔から日本のものづくりを元気にしたい。

私たちは日本国内でのものづくりにこだわっています。装飾の技である金沢箔は、伝統的に様々な工芸との協業によって技を磨いてきました。私たちの工房には、全国から工芸作家や職人、デザイナー、バイヤーなど様々な人が訪れてきます。金沢箔を中心に、日本のものづくりを活性化させる大きな可能性が生まれているのです。

高質土産という新しい提案。

その土地にしかない本物の伝統文化に出会いたいという要望に応え、旅の思い出となり、いつまでも大切にできる高質土産として金沢箔を提案しています。

金沢箔による加工・OEM(受託製造)について。

金沢箔の優雅さを作品や商品に取り入れたいという要望を多くいただき、一緒に価値づくりができる企業や作り手の方々に、技術提供をしています。

伝統工芸を、日常の暮らしで使うために。

箔一では、金沢箔の伝統を守りながら、これを日常生活で使えるように改善をかさねてきました。コーティングの技術を磨き、美しく耐久性の高い工芸品を提案しています。

伝統を受け継ぐための人づくり。

私たちは、手仕事を中心としたものづくりの企業であることを誇りとし、職人の育成に力を入れています。厳しい下積みが当然の時代から、職人を正社員として雇い、安定した生活の中で技術を磨けるようにしてきました。

多彩な金沢箔を、一枚からでも提供しています。

箔をより広く使っていただきたいと、これまで一定のロット販売が常識だった箔業界で、一枚からでも購入できるようにしました。ネットからのご注文も受け付けています。

金沢箔の一貫生産について。

金沢箔の業界は古くから分業で成り立ってきました。私たちは一貫した生産体制をもっています。このことで、品質が改善あれ、箔の種類がふえたのみならず、トレーサビリティも大きく向上しました。

業界の指標の改革について。

金箔の業界には、勘や経験といった形で曖昧に受け継がれてきたものが多くありました。私たちはこれらを研究・測定し数値で表現。客観的な基準に改めてきました。