2020年2月10日

「しなやかな未来へ」

カテゴリ

経団連審議委員会副議長に就任させていただき、地方経済活性化委員長としての任期の4年が今年の5月で満了します。大企業の会長、社長に混ざっての大役は私にとっては背伸びしても大変でした。

経団連で4年間での課題の審議に関する発言をまとめました。発言した日付も入れ、政治や経済に対しての提言を「しなやかな未来へ」と題して北國新聞社より出版させていただきました。

これはあくまで私の考えで賛否両論いろいろあると思いますが「池に石を投げ入れ波紋を起こす事」が目的です。この波紋がやがて池全体に広がりそして何かが1つでも変わってくれることを願って出版いたしました。
これは中小企業ではじめて経団連の役員として就任した私自身の思い出でもあります。私の投げた石はどんな石かご笑覧いただければ幸いです。

役員の任期は四年と定められていて役員としての任期は満了ですが、今後も次なる任務に挑戦です。