2020年2月28日

読売新聞「金言」~空港の水際対策をしっかりと~

カテゴリ

今回の読売新聞の金言は日本の危機管理について少し述べさせていただきました。

先般カルロスゴーンがプライベートジェットで国外へ逃亡したこと、しかも綿密な計画の上行われたことです。日本の恥を甘さを世界に公表したようなものです。今回のコロナウィルスの判断も指示が遅く縦割り行政の盲点で対策が後手後手に回りました。日本は事が起こってから法律が決まってきます。もしかして?とかあるかもしれない?とかバックキャスト的な考えで物事を考え先手をうてる民族でなければ今後、今世界中に蔓延しているコロナウィルスのような目に見えないものと今後は戦っていかなければいけない時代にきました。

目に見えないものとの戦いは正しく先手を読む人間の能力との戦いだと思っております。

87793624_1403080926531412_8468002450446483456_o.jpg

2020年2月24日

閑散とした歩行者天国

カテゴリ

今日は天皇誕生日の振替休日です。久しぶりにいい天気なのでマスクをつけて銀座へ出てみることにしました。偶然歩行者天国でした。

しかし銀座の大通りはいつもの歩行者天国とは様子が違いこれが銀座?いつもは人でいっぱいなのに閑散としているのにびっくりです。

コロナウイルスが世界的にはやりとうとう日本にも死者が出ました。怖い話です。

わが社は銀座4丁目に営業所がありますのでこの道はよく通りますが、いつもこれが日本かと思うほど他国の言葉が行き交います。

しかし今日は日本語ばかり聞こえ何かほっとした感じです。いつも中国の人たちで賑わっているスーツケース屋さんには人が2から3人しか入っていなくて店先で大声で販売している店員さんも黙ったなりです。

デパートもガラガラ状態です。

当社の店舗の売り上げもどの店も落ち込んでいます。私がはじめて店舗を出したときは1日当時売り上げを作るのに真剣に夜も寝れないほど試行錯誤して何とか売り上げを作るのに焦ったものでした。当時の社員も物を企画したり作成・販売・資金がなく2足3足の草鞋を履き頑張ったものでした。しかし時代とともに箔一のブランドが金沢とともにあがり新幹線の開通という追い風も景気を運んでくれました。

当社も観光業が専門職のようになり本来の「こだわりの技術の箔一」からインバウンド「観光土産の箔一」になることをいつも懸念しています。この閑散とした銀座を教訓にして社員の皆さんに今何をするか問題提起のいい教訓としていただきたいと思います。

コロナウィルス対策のため手洗いとうがいはかかしません。早く終息することを心から願います。

 

0224.JPG

2020年2月20日

みずほFG会長の佐藤康弘さんに講演いただきました

カテゴリ

19日金沢レディース経世会の2月例会に東京より経団連審議委員会副議長でみずほファイナンシャルグループ会長の佐藤康弘さんをお招きし「日本を巡る10のビッククエスチョンズ」と題して講演していただきました。

世界経済や政治に関して日本経済の将来をわかりやすく語っていただきました。米中日に対しての技術や経済面の切り口は納得できるものでした。金城楼での懇親会も和気あいあいで佐藤会長を中心としてみんなで記念写真を撮り久々に脳みそと目尻にいっぱい皺をが、集まりました。

次の日は当社の工場の見学に来ていただき工芸品の製作・食材・建築・化粧紙・箔打ち工場などを見学していただきました。特に地金の溶解は興味深く熱心に山根君に説明を受けておられました。日本興業銀行の頭取を経て今日のみずほファイナンシャルの会長を務められ大手の工場は見飽きておられるのに当社のような地方の特殊な工場はなお興味が深かったのかもしれません。

当社の社員の元気な姿に会長譲りだと?ほめていただきました。時間がなくあわただしかったのでまたお越しいただくお約束をいたしました。

工場の皆さんありがとう。こんな大物が当社に来ていただくなどありえないことで経団連で

いつも経団連でご一緒さしていただいておりますが素晴らしい切れ味の持ち主でよくお忙しいのに当会のために来ていただいたと感謝し、私と一緒に副議長をやらさせて頂きましたおかげと感謝申し上げます。

 

0219.JPG

2020年2月17日

東京の女性経営者&金沢の女性経営者の交流会

カテゴリ

全国商工会議所の観光振興大会2020年イン金沢が13日から開幕いたしました。
「守る力.創る力.伝統と革新」をテーマに関係者1200人が参加し食文化や広域観光.伝統産業.インバウンドなど幅広い観光振興の議論を高めました。

その後「東京の女性経営者&金沢の女性経営者の交流会」と題してと東京商工会議所女性会と金沢レディース経政会の45人が参加し地域を越えて「女性活躍のために求められる女性リーダーとは」「ワークライフバランス」と2つのテーマで意見交換をいたしました。
そして東京商工会議所の市瀬会長から出版を記念して素敵なお花をいただき私の出版いたしました「しなやかな未来へ」を皆さんにプレゼントさせていただきました。
素晴らしい女性に囲まれて私はまだまだ勉強させていただけることに感謝いたします。

 

2020年2月10日

「しなやかな未来へ」

カテゴリ

経団連審議委員会副議長に就任させていただき、地方経済活性化委員長としての任期の4年が今年の5月で満了します。大企業の会長、社長に混ざっての大役は私にとっては背伸びしても大変でした。

経団連で4年間での課題の審議に関する発言をまとめました。発言した日付も入れ、政治や経済に対しての提言を「しなやかな未来へ」と題して北國新聞社より出版させていただきました。

これはあくまで私の考えで賛否両論いろいろあると思いますが「池に石を投げ入れ波紋を起こす事」が目的です。この波紋がやがて池全体に広がりそして何かが1つでも変わってくれることを願って出版いたしました。
これは中小企業ではじめて経団連の役員として就任した私自身の思い出でもあります。私の投げた石はどんな石かご笑覧いただければ幸いです。

役員の任期は四年と定められていて役員としての任期は満了ですが、今後も次なる任務に挑戦です。