2019年10月31日

地方経済活性化に向けて成し遂げたいこと

カテゴリ

私には経団連で地方経済活性化委員長のお役をいただいた時から、是非成し遂げたいことがありました。

それは経団連に参加する大企業と、地方の中小企業の持つ優れた技術とのマッチング事業をすることでした。中小企業は資金源に乏しく、なかなか世界に発信できません。私も創業した頃、資金とマーケティングができたらこの技術は世界に発信できるのにと思ったことがありました。

「痛くない極細の注射針」の岡野工業も、テルモと言う大手企業がジョイントしたことにより、世界の子供たちに痛くない注射を届けられたのです。

 

このマッチング事業は、最初は経団連も乗り気ではなかったのですが、今では大企業・大学・行政から100名以上の参加していただき活発な意見交換がなされています。ジョイント企業も何組か引き合いがあり、委員長としての夢が叶い嬉しさもひとしおです。

この事業を継続事業として、地方経済の発展に繋げる事を新たに確心いたしました。

 

1030_1.jpg

 

1030_3.jpg

 

1030_4.jpg