2019年5月15日

北経連の産業視察でドイツに行ってきました③

カテゴリ

やっとドイツの勉強会が終わり大好きなウイーンへ。最終日はのんびりと街を散策、そして夜は洒落てワインをと思っていたのですが、息をするだけでも喉が痛い。身体が怠く辛い。でも人前なので精一杯の演技。

観光もほどほどに、ウイーンの街の中心部のホテルでベッドの中。あんなに楽しみにしていたのに。友人と一緒に、街を笑いながらはしゃいで散策したかったのに。どうして休みになるといつもこうなるのでしょうか?休まずまだまだ働きなさい!という神様からのメッセージでしょうか?

一人ぼっちが無性に寂しく孤独感。身体が辛かったから何故か甘えたくなるわがままな私のウイーンでした。又行きたい!

0000.jpg