2019年3月 5日

SDGsフォーラムが開催されました

カテゴリ

兼ねてより北陸経済連合会とSociety5.0 for SDGs フォーラムを企画しておりこの度やっと実現いたしました。地方で初めて北経連と経団連が開催するフォーラムで、「Society5.0 for SDGs」の考え方を北陸地方で普及させようと開催されます。私は経団連審議員会副議長として挨拶させていただきました。

また、経団連審議員会の篠原弘道副議長が基調講演され、110人が参加されました。

 

私の挨拶はこちらです。

経団連で審議員会副議長を務めております浅野でございます。北陸経済連合会の久和会長、ならびに、本日ご登壇いただきます、金沢工業大学の平本教授、コマニー株式会社の塚本本部長、富山市の東福課長代理、本日ご列席の皆様におかれましては、お忙しい中、当フォーラムにご参加を賜りまして、厚く御礼申し上げます。主催者を代表いたしまして、一言ご挨拶申し上げます。

皆様御承知の通り日本経済は、緩やかではありますが安定的な成長を続けており、デフレからの完全脱却に向けて、新たな飛躍のステージに入ろうとしております。また、世界におきましては、テクノロジーの飛躍的な進歩により、デジタル・トランスフォーメーションが進み、産業構造、社会基盤そのものが、これまでとは大きく変わりつつあります。経団連では、このデジタル革新をきっかけとして、多様な人々の想像力・創造力の融合によって社会の課題を解決し、価値を創造する社会をSociety5.0 として、昨年11月、そのコンセプトを提言としてまとめるとともに、成長戦略の中核に位置づけて、実現を目指しております。

Society5.0 により生活や産業のあり方は大きく変わります。IoTやAIの活用により、人が単純作業から解放され、人が人ならではの創造性を発揮し、最先端技術を使って新しい未来社会を創造していくことが可能になります。また、Society5.0 は、デジタル革新を通じて、経済成長だけでなく、社会課題の解決や自然との共生を目指すものであり、国連が掲げるSDGsの達成にも貢献します。これは、次世代産業の創出、新たなビジネスチャンスでもあり、経団連では目指すべき具体的な社会像を「Society5.0 for SDGs」として位置づけております。

本日は、提言のとりまとめを主導された経団連の篠原副議長より、Society5.0 の考えをご紹介いただきます。経団連は、この提言を行動指針として、Society5.0 実現の旗振り役を担い、日本の経済社会の変革を主導していく意気込みで、しっかり取り組んで参ります。ぜひ、北経連の皆様方とも、考え方を共有し、Society5.0 の社会実現を後押しいただければ幸いです。

当セミナーの盛会を記念いたしまして、私からの開会のご挨拶とさせていただきます。

北國新聞.png

中日新聞.png