2018年7月20日

経団連夏季フォーラム提言【2】

カテゴリ

本日は、経団連夏季フォーラム2日目です。

 

昨日に引き続き、第二分科会「人口減少下における地方創生」で提言いたします内容を掲載いたします。

本日掲載いたしますのは、人材についてのアイデアです。地域での人材の確保と定着についての提言です。

 

(1)地域の中核たる産業の創出・競争力強化

金融機関等人材バンク(案) 

 

スライド2.jpg

 

地域の中核たる産業の創出・競争力強化のために提案したいのは、人材についてのアイディアです。

Society5.0の社会へ高度化していきますと、AI、ロボット等の影響により、他の仕事へシフトしなければならない人員が発生します。

 

みずほ銀行等では、佐藤取締役会長の英断で、先を読んだ人員削減プランを発表されております。

また、都市銀行だけでなく、今後は地銀も合併が進み、余剰人員が発生する可能性があります。

 

私の考えは、これらの金融業界の人材を、地域の経営幹部人材として採用できないかというものです。

さらに、いずれは銀行だけでなく他の業種の大企業にも募集範囲を広げていくことも考えられます。

 

地域の企業の最大の課題である人材不足に寄与することができます。

 

通常人材派遣会社を利用すると、人材を採用した際に賃金の数か月分、50万円~100万円程度を支払う必要がありますが、そのような費用が発生しますと地域の中小企業は参加しにくくなりますので、原則無償のマッチングの仕組みを政府、経団連、金融の業界団体等が整備してはどうか思います。

 

また、これに関係しまして地域への人材の定着について述べますと、私の地元の石川県では、ひとり親家庭の移住支援や、地域外へ進学した大学生へSNSを通じて定期的に連絡を取る方法等により、地域の人材の定着を進めています。

 

《次回へ続く》