2018年6月22日

「日本のプレミアムに取り組む企業」インタビュー掲載(後編)

カテゴリ

世界に誇るメイドインジャパンの魅力を伝えている“プレミアムジャパン”にて、「日本のプレミアムに取り組む企業」にインタビューが掲載されました。

 

このページでは、株式会社虎屋 代表取締役 黒川光博氏、星野リゾート 代表 星野佳路氏、株式会社アマナ 社長 進藤 博信氏など、日本の名立たる経営者の方々のインタビューが掲載されています。

 

・プレミアムジャパン 日本のプレミアムに取り組む企業

https://www.premium-j.jp/series/interview/80109/

 

インタビュー記事は前編・後編の2部構成となっており、今日は前編に引き続き後編の公開です。

 

女性だからこそのヒット商品開発と苦労、経団連審議員会副議長に就任し、地方から日本経済を変えるべく積極的に活動している様子などが取り上げられました。

 

プレミアム後編.jpg

2018年6月19日

谷本県知事経団連地域活性化委員会にご登壇

カテゴリ

経団連で私が委員長を勤めます地域活性化委員会に谷本知事をお招きし、石川県を熱く語っていただきました。

 

新幹線が開通するまでは首都圏へのストロー現象を心配しましたが新幹線開通後4年を過ぎてもいまだに観光客が途絶えることがありません。これも開業前から政策を施された結果だと思います。

 

私が全体の司会進行を務め、知事は雄弁で熱く石川県の現状をお話になりました。その後経団連幹事会にもご講演を賜り、金沢港の湾岸の開発と大型船の誘致など威風堂々とお話になり経団連にお招きして良かったとやりがいを感じました。

 

他県の知事は経団連へ来るとある程度硬くなるのですが、谷本知事はのびのびと、石川県を誇らしげにご紹介なさって下さり、なぜ石川県がこれほど経済が上向きなのか経団連の方たちは理解できたと思いました。

collage_photocat.jpg

2018年6月14日

女性活躍で地方創生を

カテゴリ

先般赤坂エクセルホテル東急にて「 金沢 カッコいい女子の会(KKJ)」の東京支部の立ち上げ設立総会があり基調講演をさせていただきました。

 

この会は金沢工業大学教授の大砂雅子さんが、「輝いて生きる女性」のために立ち上げた会です。地元新聞にも取り上げられて今後の活動が楽しみです。

私も今後参画して、活動のお手伝いをいたします。

 

0610collage_photocat.jpg

2018年6月12日

歴史的転換点に立つ世界と日本

カテゴリ

経団連の審議員会副議長を一緒にやらせていただいております、みずほファイナンシャルグループ会長の佐藤康博さんをお招きして「歴史的転換点に立つ世界と日本」と題してご講演をお願いいたしました。

佐藤会長はいつも日本経済新聞で取材や記事を記載されているお方で、難しい世界経済を私たち女性にわかりやすく説明してくださり集まった女性たちは大感激でした。

本来少人数の女性の会などにお呼び出来ない方ですが経団連の役員をやらせていただき近しくさせていただいているおかげかと感謝です。

 

この会は未来を語る女性の集いと名付け、私が会長を努めます金沢のレディースベンチャークラブ、北陸経済連合会女性会、東京経済界の女性たちと合同で開催させていただきました。

経団連に入り色々な会議の中で佐藤さんの問題定義のお話が一番難しく、会議が終わってから内容を再度自分なりに解読してきた方の講演を直に少人数でお聞きする事はなんと贅沢な時間でしょうかとワクワクいたしました

 

「われわれが直面する世界」国際秩序を担う石と能力を有する大国が不在の国際社会を(Gゼロの世界)の中で地政学リスクが高まりやすい環境のなか日本経済の進むべき道など多くの問題定義をしていただきました。

 

第4次産業化の中で規制改革がまだまだ遅れている島国の日本はこれで世界に勝っていけるのか?

今後の世界経済・金融などの問題を考えるに最高に有意義な時間を持てたことに感謝いたします。

2018年6月12日

北陸中日新聞 2018年6月12日掲載

カテゴリ

「カッコいいとは目的をしっかり持ち、それに向かってめげないこと」

北陸ゆかりの50人が参加した「金沢 カッコいい女子の会(KKJ)」東京支部設立総会・基調講演に登壇しました。

20180612北陸中日新聞縮小.jpg

(北陸中日新聞 2018年6月12日より)

2018年6月 3日

経団連の役員としての再任

カテゴリ

今日は経団連の総会でした。

榊原会長が4年の任期を終え退任なさり、正式に日立製作所会長中西宏明さんが選任されました。

中西氏は日立をV字回復なさった経営手腕の素晴らしい方で、

 

①ソサイエティー5.0の推進で活力ある豊かな日本につなげていく

 

     ソサイエティー5.0は分り難いが「狩猟社会」「農耕社会」「工業社会」「情報社会」に続く

     日本が目指すべき社会を示すコンセプトです。

     コンピューターやインターネット・人工知能などを高度に使った社会システムを目差す社会づくりです。

   この方向性は国連が目差すSDGs(持続可能な社会の実現のための目標17項目)と繋がっていきます。

 

②構造改革特に規制改革と財政改革は極めて重要な課題

 

     ソサイエティー5.0を推進する上で規制改革は必然的に重要。

  

③経済外交

 

       日本は資源が乏しい国で国際社会で役割を果たし諸外国と関係を深めながら、自由貿易体制の中、

      国として付加価値を保ち経済外交を推し進めていかなければいけない。

 

など抱負を述べられました。私は榊原会長に審議員会副議長で地方経済活性化委員会の委員長に任命され、2年間終了しあと2年間の任期を中西体制のもとで頑張って任務を果たしていきたいと思っております。東京一極集中を避けるためにも地方活性は重要課題ですので中小企業・女性・創業の目線で提言をし頑張るつもりです。

 

総会は安倍首相、麻生大臣、茂木大臣などが列席なさりその後、政治家達が参加なさった懇親会パーティーが開かれました。大企業の経営者と日本の未来など生意気に話し合い、勉強させていただいております。