2018年5月11日

読売新聞 5月11日掲載 「浅野邦子の金言」

カテゴリ

読売新聞に今月の私の「金言」が投稿されました。

 

今回は二刀流に学ぶ社員育成術を取り上げ、今、旬の大リーグの大谷翔平選手を題材にしいかに多能性のある社員育成が企業にとって最も必要なことかと言うことです。

 

それは昔の創業時の私の経験から人材を確保できなかった頃の想いを含め、今現在人手不足に苦しむ中小企業ならどの経営者も考える大事なことではないかと言うことを書かせていただきました。