2018年1月 4日

跳進笑年

カテゴリ

経団連の任期も2年目に入り、地方の中小企業の声を経済界の中心にまで届け、地方経済活性のお役に立ちたいと思います。

1月4日の富山・石川の経済界の互例会では、今年をあらわす文字は?との新聞記者さんの問いに「思」を入れました。

この文字は殺伐とした世の中にあって、人や家族を思う・郷土や国を思う・政治や世界を思うなど、すべての思う気持ちが世界の平和の基本となると考えます。

働き方が変わり、自国優先経済を唱えたり、総論賛成、各論反対など自己中心がまかり通る世の中になってきました。

AIやIOT・少子化などすべての面で、今までにはなかったことが起こりつつあるこの時代に、私たちは凛として対応していかねばなりません。

しかし変わらない「思う心」は、いつの世にも大切な基本となるものではないでしょうか?

画像_北陸中日新聞.jpg

(2018年1月5日、北陸中日新聞)

2018年1月 1日

1年の計は元旦にあり

カテゴリ

2018(平成30)年の新しい年を迎えました。

今年の干支は戌年で私は年女になります。

今まで元旦には必ず神社詣でをし、今年必ずせねばならないことを誓うのですが、一年継続できず年末は反省し、自分の継続性のないことに嫌悪感すら感じてきました。

しかし、干支の年に自分の志に挑戦したいと思い、今年はお伊勢さんまで足を延ばしました。

「1年の計は元旦にあり」を心に誓い、何か自分で燃えるものに挑戦したいと思います。

今年こそ年女として情熱・やる気を途切れさすこと無い気持ちを大切に、自分への挑戦をしていきたいと思います。

お伊勢さん.jpg