2015年4月 1日

新たな「時間の価値観」を

カテゴリ

 北陸新幹線が開業し、石川県の経済波及効果は、年間124億円とも言われて

います。100年に1度のビジネスチャンスで、まさに「新幹線が春を連れて、

やってくる」との言葉通りにぎわいを運んでくれました。

 従来、金沢から東京までの交通手段に飛行機を選ぶと、フライト時間は短い

けれど、空港までの移動や遅れなどでロスも。特急を利用すると4時間半近く

かかりました。新幹線によって2時間半で結ばれ、往復4時間も得することに

なりました。簡単にお金には換算できませんが、仕事人の私は「時は金なり」の

言葉を身をもって感じました。車内では1時間本を読み、1時間の仮眠で体調を

整えて、30分はぼんやり思いを巡らせています。

 しかし、新幹線が時の流れを速め、多くの人とともに忙しさを運んできます。

全国区の大手企業が、東京の文化とともに北陸に入って来るので、地元企業は、

経験したことがないような東京の営業力と対等に戦わなくてはなりません。