2013年9月15日

1策は100策を生み出す

カテゴリ

前回「勝つために3塁に走者を送ってこそ1点が入るのです」を記載しましたが

詳しくつづりたいと思います。

3塁に走者を出して1点を取るには勝つための大きな1策があるかないかで決まります。

 

 

この1策の目的が曖昧だと走者は出るのですがいつも1塁2塁どまり。

1策の目的が理解できないでただ参加した者は、終了後も1塁止まりの走者しか出ていないのに、

真の勝ち負けが判定できず使った費用と時間の浪費試合になります。

 

知らず知らずにお互いによく頑張ったと自己満足感で終わるのが常です。

 

1策の目的が理解できて参加したチームメンバーは完全試合に臨みやり遂げた感動の涙を

お互いに拭きあえ、それでこそ1策がしっかり立てられ望んだ場合は、本人たちも自分が

3塁まで出たという実績や、チーム選手を3塁まで送って1点を確保させたと胸を張って

自慢話が出来るのです。

 

しかしこのチームの面々は、どんなに喜びあっても、内心では全体や自分に対しての

反省が50%よぎるはずです。

2013年9月 1日

勝つために3塁に走者を送ってこそ1点が入るのです

カテゴリ

プロ野球を見ていると、会社の人材の動かし方に類似することが多くあり、大いに参考になります。

 

どの選手も自分の能力をフルに発揮して「勝つ」という事が目的で戦っています。

 

プロ選手は自分の能力や実力に対して年俸が決まり契約となっています。

年俸はマスコミから私たちにも知らされ、「実力主義」が一番分かりやすいところでもあります。

故に常に自分の最高の能力を発揮し試合に臨まなければいけません。

 

そんな素晴らしい人材の集合体でも、試合となれば相手の出方で戦略はどんどん変わってきます。

監督は試合の状況の変化に対して即、指示を出し勝つための戦略を立てなくてはならず、刻々と変わる

状況に対応するには真にプレッシャーに強い人材でなければ務まらないでしょう。