2013年7月15日

4コマ漫画からの問題定義

カテゴリ

東京へ出張し、JR山手線で移動中、読む本の用意も無く退屈していました。


ふと気が付くと隣の人で40歳前後のサラリーマン風の男性が私の大好きな「4コマ漫画「かりあげクン(作:植田まさしさん)」」を読んでいました。
思わず横目で覗き見しているうちに、面白くてあたかも自分の本のように真剣になり、含み笑いをしながら、相手が次のページをめくるのを遅く感じ、楽しんでいたのです。



でも、その人はニコリともしないでぺージに目をやっている。横にいてその人の顔はまともに見えないのだが漫画に対しての反応は感じられる。私が笑をこらえている場面も変化なし。やがて覗き見している私に気づかれ、ばれたので、照れ隠しに思わず「面白いですね。この漫画大好きなのです。ごめんなさい」と万遍の笑みでいったら、その人に「どこが?」と怪訝そうな顔で睨まれ本を閉じられてしまいました。

 

2013年7月 1日

"勘働き"の重要性

カテゴリ

仕事には“勘”という、目に見えない能力が大いに必要とされることがあります。

 

広辞苑で調べると“勘が働く”とは、「直感が利くことであり、物事の真相を直ちに感じ知ることである」とあります。

 

しかし、この能力は最初から備わったものではなく、経営者や会社幹部、重要なポストで仕事をしている人には、物事に対してこれまで、真剣に考え続けていれば、備わってくるものだと思います。

 

私は、今でも勘が働くシーンが多く、社員に「会長は自分達に盗聴器をつけているのか?それともレントゲンを掛けられているのか?ごまかしが出来ません。」と苦笑いをされます。

 

別に監視しているわけではないのですが、何かが起こる時は感じ取ってしまうのです。