2011年11月25日

金沢箔業界の素材産業からの脱皮

今回のブログは、箔一の原点と言える「金沢箔業界の素材産業からの脱皮」について綴りたいと思います。

 

私が箔一を創業したのは、1975年、今から36年前のことです。

 

当時、金沢の箔業界は金箔の99%が金沢で生産されていたにも関わらず、西陣織や、三河仏壇など高級工芸品の素材として提供するだけの下請け産業に過ぎませんでした。オイルショック後の不況で高級工芸品が売れなくなると金沢箔の需要も大幅に減少、何かできることはないか、そう思っていた時に「金沢箔の工芸品をなぜ作らないのだろう」とふと疑問に思いました。

 

これだけの材料をつくれるのだから「金沢箔工芸品」という商品を自分たちで作れば、商品を自分たちの努力で売る事ができますし、お客様の声を聞いて新しい商品を作る事もできます。そして何より地域ブランドとして「金沢箔」という名前を多くの方に知ってもらうことができます。

2011年11月15日

新たな価値創造で事業を育てるとは

カテゴリ

先日、工業製品ばかり扱う会社関係で講演を頼まれました。

250名程の参加者で皆さん真剣でした。参加されている方は、下請けの会社が多く、大手会社がアジアに工場拠点を移すため仕事が減少している中、何か新しく価値を求めて市場開拓を考えているという事でした。

私の起業当時から、企業を育ててきた経験をもとに考え方を講演をさせていただきました。

2011年11月 5日

コシノジュンコさんを招いて

カテゴリ

私が会長をさせていただいている「金沢レディースベンチャー」という女性経営者の会の主催で、コシノジュンコさんをお招きしました。「美・かなざわ」と題して、第1部は「独自の文化を創ろう」をテーマにコシノジュンコさんが講師を務め、第2部では「金沢の伝統美を世界へ」をテーマとしたフォーラム を11月1日に開催いたしました。今、NHKの朝の連続ドラマ「カーネーション」でコシノジュンコさんのお母様の物語が放映中で、旬の講師です。

講演終了後に、当社の工場視察を是非したいとのことで、ご案内いたしました。

 

DSC_0081.jpg

DSC_0178.jpg