おぼろ月

おぼろ月のシリーズは薄く挽いた木地に、はかなげな「おぼろ月」が浮かぶ日本らしいテーブルウェアです。熟練の木地師が薄く削り出した木地に、木本来の美しさを引き出す塗りを施しました。器に浮かぶ月は、箔貼り職人が金箔だけで空に浮かぶ月を表現しています。
関連サイトhttp://www.hakuichi.co.jp/oboroduki/

職人の手技が生み出した逸品

おぼろ月は木地師が限界まで薄く挽き、美しい造形美を生み出しました。また漆色の器は、漆をすり込んで拭き取る作業を何度も繰り返し、深みのある光沢に仕上げています。その木目を背景に金箔の美しさが加わり、一枚の器の中に、手技が凝縮された逸品です。

木の温もりを大切にした、新・用の美

美しさだけにとらわれず、今のライフスタイルの中で使うことを考えたら温かな中に、キレのある形がうまれました。うすく削りだした木の器は、グラスのような軽やかな口当たりで、持った瞬間は木の温もりが伝わります。

職人の手技がオーダーメイドで

木地にこだわり、洗練された形を作り出しました。漆塗りも深みを引き出すために試行錯誤を繰り返し生まれた色合いです。仕上がりまでの試行錯誤が、様々な形に応用できる箔一の財産です。形や大きさの違うオーダーメイドのおぼろ月も実現します。

工芸品に関するお問い合わせ

お客様にあわせた工芸品のご提案、オーダーメイドも承ります。

工芸品に関するご質問、ご要望はこちらまで。

経験豊富なスタッフがお答えします。

  • お電話でのお問い合わせは 076-240-0891
  • ご質問・お問い合わせは こちら