花見鳥

日本には古来から花鳥を屏風や掛軸、襖絵、建具など様々なものに描かれてきました。四季折々に感じられる季節の変化と花々や草々の移ろい、目にする動物の変化を感じ取ろうとした日本人の感性と美意識は現代の生活様式にも取り入れていきたい大切な伝統です。
箔一のロングセラー製品、花見鳥シリーズはまさにその伝統を取り入れて日本の美を一から見直すことで生まれました。花鳥を金沢箔で立体的に描いた高級感あるデザインは、生活様式がどのように変化しても無理なく溶け込むことから贈答品として喜ばれる人気の品で、日本の美を伝えるメッセンジャーとして海外の贈答品としても活躍してくれます。
関連サイトhttp://hakuichi.jp/products/list.php?category_id=54

日本らしい情景のインテリア

花見鳥があしらわれているのは、小さな引き出しや文庫など、日本らしい生活の中で重宝されてきた品ばかりです。繊細な鳥のまなざしと花が咲く花鳥の風景は繊細な描写で、日本らしさの象徴として海外向けにも人気の品です。

箔らしさを表現した手ちぎりの技法

花鳥の背景となっているのは、特別な加工でわびさびのわびた風合いを表現した金沢箔。濃淡がでるよう燻した独特の金沢箔を、一枚一枚手ちぎりで表面の寸法にあわせて貼りあげていき、一つ一つ丁寧に仕上げています。

平面的な絵柄に立体感を持たせる演出

手ちぎりで貼られた金沢箔を背景に、花見鳥がたたずんでいる風情を「擦り箔盛り上げ技法」という独特の装飾技法を施し表現しています。立体感を出す盛り上げ技法により、奥行きと遠近感を演出し、情緒的な美しい風景を描いています。

工芸品に関するお問い合わせ

お客様にあわせた工芸品のご提案、オーダーメイドも承ります。

工芸品に関するご質問、ご要望はこちらまで。

経験豊富なスタッフがお答えします。

  • お電話でのお問い合わせは 076-240-0891
  • ご質問・お問い合わせは こちら