建築装飾 TOPへ

東急プラザ銀座|東京

「東急プラザ銀座」は伝統工芸である江戸切子をモチーフに「光の器」というコンセプトでデザインされた新しい銀座のランドマークです。商環境デザインは株式会社インフィクスが手掛け、本物志向の空間に仕上げるという想いで“金沢箔”を採用していただきました。

銀座に因んで、シルバー色仕上げに

銀座という地名に因み、素材はシルバー色で変色のリスクが低いアルミ箔を採用していただきました。デザイナーの方に、塗装とは違う金沢箔ならではの、本物の輝きの魅力を知ってもらった事から今回のプロジェクトへと繋がりました。

約1年半の期間をかけ完成

プロジェクトスタートから試行錯誤の末、約1年半かけて金沢箔の貼り方や光り方を何度も検証して仕上げました。デザイナーとお施主様には、金沢の工場まで足を運んでいただき、様々な箔の表現方法を各所に採用していただきました。

各所にこだわりを凝縮

柱ひとつをとっても、デザインのこだわりが凝縮されています。「切子」をモチーフにデザインされており、金沢箔の貼り方も四角い箔の形状がわかる”平押し”から徐々に、ランダムに光る”フレーク”という技法に変化させています。

建築装飾に関するお問い合わせ

お客様にあわせた建築装飾のご提案させていただきます。

金沢箔の建築装飾に関するご質問、ご要望はこちらまで。

経験豊富なスタッフがお答えします。

  • お電話でのお問い合わせは 076-240-0891
  • ご質問・お問い合わせは こちら