建築装飾 TOPへ

銀座ヤマハビル|東京

楽器製造のヤマハ(本社:浜松市)が運営する「ヤマハ銀座ビル」。「伝統と革新の融合」というコンセプトから金沢の伝統産業である「金箔」のガラスパネルを外壁に採用し、銀座通りに「金沢の伝統美」が輝くビルとなりました。

オリジナル性の高い提案力、表現力

濃淡の異なる3色の金箔パネルと、黒、乳白色のパネルを配置し、グラデーションで音のゆらぎやリズム感を表現しました。昼と夜では異なる表情を見せる存在感あふれる建築です。

伝統技法で仕上げた近代建築

縦横95cm、合計1453枚のガラスパネルが使われています。職人が、一枚一枚伝統技法「砂子振り」で仕上げ、濃淡の違いを出しました。金箔の職人技で日本らしい企業の誇りを表現しています。

外装に実現した合わせガラスの技術力

外装に使えるよう耐久性を高めるため、箔の接着方法を工夫しました。難しいとされていた合わせガラスの外壁への採用を実現し、箔の表現力を広げました。

建築装飾に関するお問い合わせ

お客様にあわせた建築装飾のご提案させていただきます。

金沢箔の建築装飾に関するご質問、ご要望はこちらまで。

経験豊富なスタッフがお答えします。

  • お電話でのお問い合わせは 076-240-0891
  • ご質問・お問い合わせは こちら