金沢箔について | About KANAZAWAHAKU

金沢400年の伝統、金沢箔

日本の金箔生産量の98%以上を占める金沢。金箔は、金閣寺や日光東照宮などの歴史的価値が高い寺社仏閣をはじめ、漆器、陶器などさまざまな工芸品に使われています。初代加賀藩主・前田利家公の時代から受け継がれてきた36種の伝統工芸の技の中でも金箔が発展したのは、藩の文化奨励策で能や茶の湯などが盛んに行われ、伝統工芸が発展したことや、気候、風土、そして北陸という地で育まれてきた忍耐強い「職人気質」という要因があると言われています。

事業案内

箔材料

箔材料

本金箔からオリジナル金沢箔まで、豊富な箔材料について掲載しています。

箔材料

工芸品

工芸品

箔一の金沢箔工芸品は、伝統的が工芸品から新たな価値を持つ工芸品まで。

工芸品

化粧品

化粧品

日本で初めて商品化した金箔打紙製法あぶらとり紙や金箔コスメについて。

化粧品

食用金箔・菓子

食用金箔・菓子

料理やお菓子を華やかに演出する食用金箔、トッピング材、お菓子について。

食用金箔・菓子

建築装飾

建築装飾

空間を演出する工芸品として日本らしい建築、内装装飾を承ります。

建築装飾

箔加工

箔加工

±0、Woooなど異業種とのコラボにより新しい価値を実現してきました。

箔加工

観光

観光

「箔巧館」で金沢観光、金箔を楽しむサービスを提供させていただきます。

観光

箔一のあゆみ

箔一のあゆみ

箔一創業は1975年。それまでの価値観を覆し「金沢箔」を地域ブランドにまで育てました。創業から、業界を開拓してきた箔一の軌跡を紹介します。

箔一のあゆみ へ

ものづくりへの想い

ものづくりへの想い

私たちは金沢箔の発展のため、多岐に渡る分野に挑戦してきました。これからも、創業から継承してきた「想い」を大切に、挑戦し続けます。。

会社概要 - ものづくりへの想い へ