箔一の取り組み | CSR

品質・安全への取り組み

企業体質の強化および顧客満足を目指します

箔一グループは、伝統産業の枠にとらわれない生産管理体制を構築し、常に継続的に改善、改良を行い、製品品質、人財品質の向上を図り、企業体質の強化および顧客満足を目指します。

ISO9001およびISO22000認証取得

ISO9001 (株)箔一認証取得

ISO9001 箔一産業(株)認証取得

ISO22000 箔一産業(株) 認証取得

箔一グループは、『伝統産業の枠にとらわれない』を当社の理念としています。

株式会社箔一では、2013年11月から、ISO 9001の取得に取り組み、2014年9月、全部門(営業、企画開発、店舗等)におけるISO9001:2008(品質マネジメントシステムの国際規格)の認証を得ました。

同様に箔一産業株式会社では、2002年11月から、ISO 9001の取得に取り組み、2003年、営業・開発・生産部門におけるISO9001(品質マネジメントシステムの国際規格)を取得、2010年8月には、生産部門に特化したISO9001:2008の認証を得ました。

さらに食用金箔事業で、食の安全性を高めるべく2007年10月にISO22000:2005(食品安全マネジメントシステム)を北陸三県で唯一認証取得しました。食の生産部門ではこのISO22000:2005をベースに、食品安全を確保するための手法であるHACCPシステムを導入し、生産部門の更なる強固なリスクマネジメントを実践することが可能になりました。衛生管理、生産管理そして品質管理を徹底させた製造ラインにより、「安心」「安全」な金沢箔の製品、サービスをお届けいたします。

なぜ、私たちがISOの取得にいたったのか

生産の画像

私たちは工芸品だけではなく、食品や、化粧品を提供する企業です。お客様の肌に触れたり、食したりするものを扱う企業として安心・安全をお届けすることが、最も大切だと考えています。
「安心」「安全」というキーワードはそれまで、伝統産業の分野では表面に出ることはありませんでした。箔一は、国際基準のISOを取得することで、品質に加えて「安心」「安全」を提供したいと考えました。

社内のコンプライアンス強化のために

製品、サービスを安定した品質で提供することが、ISO9001の本来の目的です。社員全員が理解することで、業務効率の改善や組織体制の強化につながると考えています。
ISO22000は食品安全面における国際基準です。設備面の安全性はもちろん、現場で適切な工程管理がなされているか、継続的に改善、更新されているかどうか、という厳しい基準をクリアするために、社員が一丸となって取り組みました。社内で目指す先を共有し、常に改善することで、よりよい商品、サービスを提供していきたいと考えています。

事業案内

箔材料

箔材料

本金箔からオリジナル金沢箔まで、豊富な箔材料について掲載しています。

箔材料

工芸品

工芸品

箔一の金沢箔工芸品は、伝統的が工芸品から新たな価値を持つ工芸品まで。

工芸品

化粧品

化粧品

日本で初めて商品化した金箔打紙製法あぶらとり紙や金箔コスメについて。

化粧品

食用金箔・菓子

食用金箔・菓子

料理やお菓子を華やかに演出する食用金箔、トッピング材、お菓子について。

食用金箔・菓子

建築装飾

建築装飾

空間を演出する工芸品として日本らしい建築、内装装飾を承ります。

建築装飾

箔加工

箔加工

±0、Woooなど異業種とのコラボにより新しい価値を実現してきました。

箔加工

観光

観光

「箔巧館」で金沢観光、金箔を楽しむサービスを提供させていただきます。

観光

ものづくりへの想い

ものづくりへの想い

私たちは金沢箔の発展のため、多岐に渡る分野に挑戦してきました。これからも、創業から継承してきた「想い」を大切に、挑戦し続けます。

会社概要 - ものづくりへの想い へ