ものづくりへの想い

「手」「技」「心」

私たちは金沢箔の発展のため、工芸品からはじまり、化粧品、食品、建築装飾など多岐に渡る分野に挑戦してきました。「金沢箔」の伝統を守るためには、伝統を伝統のまま終わらせないように、新しい分野への挑戦が必要だと考えてきたからです。
これからも金沢箔の発展のために、創業から継承してきた「ものづくりの想い」を大切にし、挑戦し続けていきます。

私たちは、ものづくりの企業として機械化や大量生産、新しい技術が開発されても、一つ一つ手作りを大切にものづくりに取り組んでいます。それは伝統産業において、手技で表現したものにこそ、伝統美が宿ると考えているからです。
悠久の歴史のなかで先人が、心をこめて守り育ててこられた作品には、現在も多くの人を魅了する、すばらしい日本の美と、技法が結集されています。私たちは先人の技法を、見て、学び、継承しつつも、現代のライフスタイルに求められる新たな伝統工芸としての分野を築いていかなければなりません。金沢箔における昔ながらの技を受け継ぎ、金沢だけではなく、石川、そして日本が誇る多くの伝統工芸と共に、職人の手技を後世に伝えていくのが私たちの使命だと感じています。手技によりつくり出される美しさは、どれだけの技術が発展しても、決して適うことはありません。伝統美とは職人の手と目、経験と感性が成せる技なのです。
その美しいものをつくり出す主役は、伝統美を継承する職人たちです。伝統工芸の街と謳われる金沢でも職人の高齢化、減少は大きな課題です。私たちはメーカーでありながら多くの職人が共存する職人集団です。伝統を確固とした産業として後世に伝えることができる企業としての使命を背負いながら、これからも日本の美を多くの方に伝え、新たな日本の伝統文化を創造してまいります。

伝統を守るためには、新しい分野への挑戦が必要だと考えています。箔一は、金沢箔工芸品というそれまでの箔業界になかった分野を築いたところから始まりました。しかし、工芸品の分野だけに留まっていたら、現在の金沢箔ブランドを地場産業として確固たる地位まで確立できなかったかもしれません。伝統を守るためには、多くの方に、金沢箔を日常で使ってもらい、その美しさを知ってもらうことが必要でした。そのために、伝統を進化させるあたらしい技術を開発し続けてきたのです。あぶらとり紙からはじまった化粧品事業、食で使われる金箔の可能性を広げた食用金箔事業、工芸の美を空間において表現する事を可能にした建築装飾事業など、伝統を守るため、常識にとらわれない、新しい発想と進化させる技術を積み重ねてきました。
伝統工芸という産業の中で、革新を起こすには、伝統に裏付けされた技法を継承していなければ伝統工芸とは言えません。そして、ただの模倣ではなく、これまでの常識を覆すような、逆転の発想でものづくりをしていかなくてはなりません。異業種他社とのコラボレーションなどを行っているのも、新分野と組むことで、あらたな技術や、新しい箔表現が生まれる機会に出会えるからです。これからも、新しい分野に挑戦することで、技術革新を行い、金沢箔という伝統の未来を広げたいと想っています。

『感動と引き換えにしか、お客様からお金はいただけない』 創業者のことばを胸に、箔一社員は、ものづくりに取り組んでいます。金沢箔のすばらしさは、その伝統美がつくり出す、特別感です。古来、権力の象徴や贅沢品として使われていたほど人を魅了する金箔の伝統美を、高級な美術工芸品だけでなく、日常のあらゆる場面で使っていただき、多くの人の生活文化と、心を豊かにしたいと考えています。その豊かさとは、製品、サービスの価格を安くすることではなく、感動が生み出す豊かさをお届けしたいという想いで、ものづくりに取り組んでいます。
箔一が伝統を継承しながらも、新技術、新製品を開発し多くのお客様に感動をお届けすることができた理由は、これまで出会ったお客様のおかげでもあります。金沢箔の魅力を活かし、新しいことができないかという課題、試練をいただいたときに「NOとは言いません」が合い言葉です。その時は、技術面においてゼロからのスタートであっても、新しい技術を開発し、お客様の要望に近づけていくことが、箔一にとって革新する原動力になったといえます。
伝統美を伝える、新しい技術、新しい製品をつくり続けてこられたのは、箔一で働く全てのメンバーが「ものづくり集団」としての誇りを持ち、全部門が一丸となり「チーム箔一」として新しいことに挑戦することに高い意欲を持っているからです。金沢箔で一番に金沢箔工芸品をつくった「箔一」という名前に誇りを持ち、常に前向きに新しい挑戦を楽しむ意欲を持って、ものづくりに取り組んでいます。

事業案内

箔材料

箔材料

本金箔からオリジナル金沢箔まで、豊富な箔材料について掲載しています。

箔材料

工芸品

工芸品

箔一の金沢箔工芸品は、伝統的が工芸品から新たな価値を持つ工芸品まで。

工芸品

化粧品

化粧品

日本で初めて商品化した金箔打紙製法あぶらとり紙や金箔コスメについて。

化粧品

食用金箔・菓子

食用金箔・菓子

料理やお菓子を華やかに演出する食用金箔、トッピング材、お菓子について。

食用金箔・菓子

建築装飾

建築装飾

空間を演出する工芸品として日本らしい建築、内装装飾を承ります。

建築装飾

箔加工

箔加工

±0、Woooなど異業種とのコラボにより新しい価値を実現してきました。

箔加工

観光

観光

「箔巧館」で金沢観光、金箔を楽しむサービスを提供させていただきます。

観光

箔一の取り組み

箔一の取り組み

企業としての社会的責任を果たすため、社内外のさまざまな取り組みをご紹介します。

リクルートサイト

リクルートサイト

伝統産業の枠にとらわれず、新しい箔文化を共に築いてくれる仲間を募集しています。