工業製品を、高い付加価値を持つ工芸品に。

あらゆる製品を伝統の息吹が漂う工芸品に

お客様の製品に金沢箔の表現を加えることで、職人の手技が活かされた工芸品に仕上げることができます。金沢箔は、塗料や印刷とは違い、独特の艶やかな輝きや風合いが美しい素材です。伝統工芸という枠を飛び越え、工業製品に施すことで、表現力の幅を広げることができます。

たとえば、±0 ウォールクロック金銀銅箔仕様は、ブランドコンセプト通り、必要充分でありながらどこか惹きつけられるシンプルなデザインに、箔のもつ美しさを活かしたウォールクロックです。一つ一つ手作りで箔を施した同製品は、工業製品を工芸品の域へと広げました。

お客様に合わせた完全オーダーメイド

お客様のご要望に応じて、独自の仕様、完全オーダーメイドで承ります。またお客様の製品の持つコンセプトはそれぞれ異なります。また、製品によって、箔の密着性や耐久性がことなり、それぞれの独自の技法で施すことが必要となってきます。

そのものが持つコンセプトに合わせ、その魅力を引き出せる箔加工を模索していかなくてはなりません。工業製品に箔加工を施すことを、箔一は、伝統工芸品のオーダーメードとして承っております。

境界線を越えた、他の伝統工芸との調和

古来より金沢箔は、多くの他の伝統工芸と共に歴史を刻んできました。箔一はその伝統工芸と共に、金沢箔工芸品の裾野を広めて参りました。それは、漆、蒔絵、友禅、和紙など様々な伝統工芸と共に、ものづくりに取り組んできた結果です。

それぞれの伝統工芸は、調和しながらその美しさを継承されてきました。箔一では金沢箔に限らず、他の伝統工芸との調和も工業製品の魅力を引き出す表現方法だと考えています。伝統の境界線にこだわらず、お客様の製品の魅力を一番美しく引き出す表現方法をご提案しています。

この事業に関するお電話でのお問い合わせ

076-240-0891 9:00~17:00 土日祝日は除く

>

この事業に関するメールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム はこちら

ものづくりへの想い

ものづくりへの想い

私たちは金沢箔の発展のため、多岐に渡る分野に挑戦してきました。これからも、創業から継承してきた「想い」を大切に、挑戦し続けます。

会社概要 - ものづくりへの想い へ

箔一のあゆみ

箔一のあゆみ

箔一創業は1975年。それまでの価値観を覆し「金沢箔」を地域ブランドにまで育てました。創業から、業界を開拓してきた箔一の軌跡を紹介します。

箔一のあゆみ へ