曖昧な部分を取り除き 高品質の金沢箔を提供

伝統産業の箔づくりで、ISOを取得

箔の製造は、伝統産業という分野であるが故に、古くからの慣習で曖昧になっていたことが多々ありました。箔一はこの曖昧な部分を取り除き、お客様に安定した品質でお届けするために明確なルールを決め、国際基準のISO9001を取得いたしました。原材料から厳密に管理していますので、不純物が入る事もありません。非常に繊細な素材を、高い品質で、安心と共に提供させていただきます。

規格に準じた金沢箔を提供

箔一の箔材料は、安定品質でお届けできるよう、石川県箔商工業協同組合の製造規格に準じています。金沢箔は、全国でその生産量の99%以上を占めているので、この規格に準じる事が日本で一番の品質といえます。

箔一では厳しい目を持った職人が、伝統技法を継承しつつ箔材料を生み出し、世界に誇れる最高品質の箔材料を提供しております。

合金から製箔まで 一貫生産できる設備を完備

箔一は、金を溶かし、銀や銅などの金属と合わせて1300度もの温度で溶解する「合金」の設備から、延べ棒状の合金を紙のように薄くする「延金」設備、一万分の一ミリの薄さにまで打ち広げる「箔打ち」設備まで、金箔をつくる工程すべての設備を取り揃えております。すべて自社での一貫生産が可能なため、小ロットでの対応や、お客様のオーダーに合わせた厚みの調整、金属の配合率の違う独自の箔の製作などにも幅広く対応することができます。

この事業に関するお電話でのお問い合わせ

076-240-0891 9:00~17:00 土日祝日は除く

>

この事業に関するメールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム はこちら

ものづくりへの想い

ものづくりへの想い

私たちは金沢箔の発展のため、多岐に渡る分野に挑戦してきました。これからも、創業から継承してきた「想い」を大切に、挑戦し続けます。

会社概要 - ものづくりへの想い へ

箔一のあゆみ

箔一のあゆみ

箔一創業は1975年。それまでの価値観を覆し「金沢箔」を地域ブランドにまで育てました。創業から、業界を開拓してきた箔一の軌跡を紹介します。

箔一のあゆみ へ