金沢箔を発展させた技術

箔一は金沢箔の発展のため新しい箔の開発にも取り組みました。
技術開発により、生み出されたのが「古代箔」「友禅箔」「色彩箔」など独自の金沢箔です。工芸品の表現力を広げる新しい発想の箔を生み出し、古から続く金沢箔に、新しい歴史を刻みました。

製箔における高い技術力と お悩みにお応えするサポート力

これらは、箔の金属という特性を活かし、幾多の失敗と工夫を繰り返し、技術開発に努めてきたからこそ実現したことです。蓄積された箔についての技術力を基盤に、作品作りの支援もさせていただきます。

作品づくりに適した箔のご相談も承ります

陶芸や漆芸、ガラス作品などの材料として、学生さんや作家さんの作品づくりご相談に応じています。作品のイメージに対し、箔を美しく活用する方法や、作品と箔が共存できるよう適正な使い方のアドバイスもしています。どんな素材に使用するのか、またどんな表現がしたいのかなど、お気軽にご相談ください。

初めての方も、東京・金沢で箔貼りが体験できます

「金箔を使ってみたいのですが、どうやって扱ったら良いですか」というご質問をよくいただきます。初めて金箔を触られる方には、東京「南青山店」、もしくは金沢本店「箔巧館」にて行っている箔貼り体験をおすすめしております。ご自分の作られたい作品のご相談にも応じますので、まずは体験してみてください。実際に触れていただくことで金箔の美しさと、扱い方についてお分かりいただけます。

この事業に関するお電話でのお問い合わせ

076-240-0891 9:00~17:00 土日祝日は除く

>

この事業に関するメールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム はこちら

ものづくりへの想い

ものづくりへの想い

私たちは金沢箔の発展のため、多岐に渡る分野に挑戦してきました。これからも、創業から継承してきた「想い」を大切に、挑戦し続けます。

会社概要 - ものづくりへの想い へ

箔一のあゆみ

箔一のあゆみ

箔一創業は1975年。それまでの価値観を覆し「金沢箔」を地域ブランドにまで育てました。創業から、業界を開拓してきた箔一の軌跡を紹介します。

箔一のあゆみ へ