h3_products_case_03.jpg

光田愛様は、1994年から現在まで一環して西洋の文化に和を調和させた「和モダンスタイル」のテーブルコーディネートを追求されてきた第一線で活躍されるコーデイネーターです。

創作活動は、国内だけでなく、パリやニューヨークなど海外でも活躍されています。また自ら主催するテーブルコーディネート教室「belleTable ベルタブル」をはじめ、外部の講師としても多数実績があり、自らの「和モダンスタイル」を継承する人材を育てています。

日本の伝統工芸を食卓に取り入れ「和モダンスタイル」のコーディネート

kamiya_01.jpg

まずは教室で受講生に教える際の
こだわりを教えてください。

「会話がご馳走」をテーマにしています。 三度、三度摂る食事をより楽しく、美しくそして簡単に、をコンセプトに、多器多様な器の使い方を食事に活かすテーブルコーディネート術をレクチャーしています。又、西洋と東洋の食文化をMIXした「和モダン」を基本に 日本の伝統工芸をより身近に食卓に演出する事で 日本本来の 四季や行事などを楽しみ、継承して頂きたいです。

箔一を選んでいただいている
理由を教えてください。

漆や箔は和のイメージが強いのですが、箔一さんの商品は、他では見られないような洗練されたデザインのものが多いので、洋食器やワイングラスなどとの相性がとても良く、和洋折衷のコーディネートがモダンな雰囲気で素敵に仕上がります。

和の器をモダンに、日常の中でさりげなく

kamiya_02.jpg

kamiya_03.jpg

箔一の商品を使ってみて、
どのような点が良かったですか?

箔一の商品は 個性的でかつ、スタイリッシュな為、特に海外でのコーディネートでは 金箔、銀箔がより日本らしく映り、とても良い評判をいただくことができます。洋風スタイルの食事にも合わせやすいので 海外のコーディネートには欠かせません。

テーブルコーディネート教室の、
生徒様の反響はいかがですか?

「テーブルコーディネートって洋風?」と思ってた生徒さん達ですが、日本の器、漆を使って 日常的な食卓を演出するので、即自宅で実践出来ると喜ばれています。また、これまで「漆」を使った事のない方も 使用方法、手入れをアドバイスする事で、本来の漆の良さを知り、毎日使っていますという声も聞こえます。

新しいコーディネートの世界観を

次に箔一と何か取り組みたいというご要望などはありますでしょうか。

2020年の東京オリンピックに向けて、世界中の人々が日本に注目し、訪日されると思います。「和食」「伝統文化」「おもてなし」に注目度が高まる時期に、箔一との伝統工芸「金沢箔」を使用したモダンテイストの食卓を表現し、日本の食文化の素晴らしさを共にアピール出来ればと思っています。

kamiya_04.jpg

kamiya_05.jpg

kamiya_06.jpg

 

お客様プロフィール

教室名

belleTable ベルタブル
(株式会社 陶花)

創立
1994年
住所
〒104-0054
東京都中央区勝どき6-3-2 1426号室
TEL:03-5534-8963
e-mail : info@mami-mitsuda.com
Web
代表
光田愛

この事業に関するお電話でのお問い合わせ

076-240-0891 9:00~17:00 土日祝日は除く

>

この事業に関するメールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム はこちら

ものづくりへの想い

ものづくりへの想い

私たちは金沢箔の発展のため、多岐に渡る分野に挑戦してきました。これからも、創業から継承してきた「想い」を大切に、挑戦し続けます。

会社概要 - ものづくりへの想い へ

箔一のあゆみ

箔一のあゆみ

箔一創業は1975年。それまでの価値観を覆し「金沢箔」を地域ブランドにまで育てました。創業から、業界を開拓してきた箔一の軌跡を紹介します。

箔一のあゆみ へ