数千種以上の実績が保証する 使い心地と高い安全性

OEM実績は数千種以上。

箔一が、作らせていただいたOEMあぶらとり紙は数千種以上にもおよびます。化粧品メーカー、ファッションブランド、観光地、ゲーム業界、携帯電話業界など分野は多岐に渡ります。その蓄積された経験を生かし、御社のご要望に沿ったブランドイメージやインパクトを大切にし、使用される状況に応じてオリジナルデザインのあぶらとり紙をお作りします。

お客様独自の紙づくりから始めることも歓迎です。過去には半年以上の試作を重ね、お客様こだわりの香りと色のあぶらとり紙を完成させた実績もございます。幅広い業種のOEMあぶらとり紙をお作りしてきた実績を基盤に、ご提案させていただきます。

特許を取得した「究極の使い心地」

箔一のあぶらとり紙は、「金箔打紙製法」で作られています。特殊な和紙を箔打ち機で何度も何度も繰り返し叩き、紙の繊維を細かくつぶして極限まで密度をあげることにより、他の種類のあぶらとり紙に比べて瞬時に多くの皮脂を吸い取れるのが特徴です。

また、紙自体にも工夫を施し、表面に凸凹の格子目を入れることにより表面積を大きくする仕様も特許を取得。瞬間皮脂吸収量が大きくなったことで、肌をそっと押さえるだけで驚くほど皮脂を吸収します。

安全・安心をお届けする設備と、生産者の高い意識

あぶらとり紙は、品質マネジメントシステムISO9001:2005国際基準を認証取得し、自社にて一貫生産しています。箔一では、あぶらとり紙を単なる化粧雑貨ではなく、直接肌に触れる化粧品として捉えています。そのため、徹底した衛生管理、1枚1枚人の目で確認する品質管理に取り組み、あぶらとり紙の安定品質、安定供給できる生産体制を整えております。

この事業に関するお電話でのお問い合わせ

076-240-0891 9:00~17:00 土日祝日は除く

>

この事業に関するメールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム はこちら

ものづくりへの想い

ものづくりへの想い

私たちは金沢箔の発展のため、多岐に渡る分野に挑戦してきました。これからも、創業から継承してきた「想い」を大切に、挑戦し続けます。

会社概要 - ものづくりへの想い へ

箔一のあゆみ

箔一のあゆみ

箔一創業は1975年。それまでの価値観を覆し「金沢箔」を地域ブランドにまで育てました。創業から、業界を開拓してきた箔一の軌跡を紹介します。

箔一のあゆみ へ