あぶらとり紙の老舗としての誇り

箔一は金箔製造工程の副産物である「箔打紙」が、京都で舞妓の化粧直しに使われていることに着目し、日本で初めて「金箔打紙製法」あぶらとり紙を作りました。箔打紙は、金箔を均一に叩き延ばすため、間に挟む和紙のこと。丈夫な和紙にするため様々な成分が配合されているので、箔一では、女性が安心して使える化粧品として、清潔で安全な素材で提供できる製品として確立しました。

あぶらとり紙の老舗として 化粧品メーカーとしてお届けしたい安心

箔一のあぶらとり紙は、低価格で大量生産される「パルプタイプ」「フィルムタイプ」とはまったく異なります。繊維が細かく、肌に触れたときの柔らかさと、皮脂をすっと取る使い心地が特徴です。その柔らかさ故に、機械で数えることができず、今でも職人の手と目に頼らなければいけない程です。現在もあぶらとり紙の老舗として、創業当時からの品質の高さを守り続けています。

世界に認められる、安心の金箔コスメ。

金の魅力を余すところなく活用し、金箔メーカー、化粧品メーカーとして、ご提供している化粧品「金華cosmetic」「エステ用金箔」は高いコストパフォーマンスと安全性も実現。国内外を問わず美を目指す世界の女性たちに絶賛され、ご愛用いただいております。すでに日本国内だけでなく、タイの百貨店で専門店をオープンさせるなど、東南アジアを中心に世界のお客様に認められています。輸出用に必要な資料もご用意しておりますので、ご納得いただける価格と品質の金箔化粧品を、国内外問わずお届けいたします。

化粧品に配合する金箔の販売と、技術支援。

化粧品に配合する金箔は、お客様のご要望に応じたサイズや容量でご用意しております。製造する機械の仕様や、ブランドのコンセプトに合わせた金箔も、独自でお作りさせていただきます。
また、御社の生産現場での取り扱い方や混入方法をはじめ、関連する技術支援も対応いたします。金箔以外にも、最高級のプラチナ箔、銀箔など充実したアイテムの化粧品原料をご提供いたします。

この事業に関するお電話でのお問い合わせ

076-240-0891 9:00~17:00 土日祝日は除く

>

この事業に関するメールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム はこちら

ものづくりへの想い

ものづくりへの想い

私たちは金沢箔の発展のため、多岐に渡る分野に挑戦してきました。これからも、創業から継承してきた「想い」を大切に、挑戦し続けます。

会社概要 - ものづくりへの想い へ

箔一のあゆみ

箔一のあゆみ

箔一創業は1975年。それまでの価値観を覆し「金沢箔」を地域ブランドにまで育てました。創業から、業界を開拓してきた箔一の軌跡を紹介します。

箔一のあゆみ へ